スポンサードリンク

とうとう夏が来る!まだ間に合う?部分引き締めにチャレンジ♪

暑い・・・運動したくない、でも痩せたい!

D0011_udemaku20140830150104-thumb-1000xauto-17654

そんなあなたにぴったりなトレーニングが、アイソメトリックス。

家でも、オフィスでも、通勤途中でも気軽にできちゃう、超簡単な筋トレをご紹介します。

 

アイソメトリックスって?

筋肉を動かさずに行う筋力トレーニングです。

腹筋や腕立て伏せは、筋肉を動かして行うトレーニングですが、アイソメトリックスはその反対。筋肉を伸ばしたり縮めたりしません。動かさずにぐっと力を入れるのが特徴です。

このアイソメトリックス、他の筋トレと違ってすごく簡単で、「忙しい・・・でも痩せたい」という、働く低糖ダイエッターにぴったりのトレーニングなんです。

 

ここがスゴい!アイソメトリックスのメリット

気軽すぎてスゴい!

アイソメトリックスの最大のメリットは、いつでもどこでも気軽にできること。なぜなら、ほとんど動かずに行うことができる筋力トレーニングだからです。

動作が目立たないので、家にいるときはもちろん、オフィスでも、通勤電車の中でもできちゃいます。

 

汗をかかないからスゴい!

腹筋や腕立て伏せを数セットやると、もうシャワーを浴びたくなるほど汗だくになってしまいますが、アイソメトリックスなら、それほど汗びっしょりにならずに、筋肉はしっかり鍛えられます。

高齢者のリハビリなどにも使われるトレーニングなので、筋肉痛にもなりにくく、疲れません。

 

短期間で、気になる部分だけ鍛えられるからスゴい!

気がついたときにすぐにできるので、やればやるほど短期間で効果が期待できます。

筋肉をピンポイントで鍛えられるので、気になる部分を集中的に引き締めることができます。

では実際に、簡単なアイソメトリックスをいくつがご紹介しましょう。

 

胸を鍛えるアイソメトリックス

  1. 両手を胸の前で合掌するように合わせます。
  2. 両肘をあげて、手のひら同士を力いっぱい押し合います

このとき、胸の筋肉が刺激されていることを意識します。
10秒間、この状態をキープします。

 

背中を鍛えるアイソメトリックス

  1. 親指以外の4本指同士を引っ掛けるようにして、胸の前で両手を組みます。
  2. 両腕を力いっぱい引き合います。背筋を伸ばし、肩甲骨を背中の真ん中に寄せるよう意識しながら、10秒間キープします。

 

腕を鍛えるアイソメトリックス

  1. 両手のこぶしを握り、手首のところでクロスします。
  2. クロスした腕同士を押し合います。上の手は下に押し、下の手は上に押して、10秒間キープ。
  3. 次に左右の腕を組み替えてクロスし、同じように押し合って10秒間キープします。

 

腹筋を鍛えるアイソメトリックス

  1. 椅子に腰掛け、足を肩幅ぐらいに開きます。
  2. 両手をひざに置き、力いっぱいひざを下に押します

このとき、手だけで押すのではなく、お腹に力を入れながら
上半身全体を使ってひざを押します。これを10秒間キープします。
注意点:どの動作も、力を入れるときは、呼吸を止めずにゆっくりと息を吐きながら行いましょう。呼吸を止めると、高血圧の人の場合は血圧がが上がってしまう危険があります。

 

まとめ

名前のややこしさとは裏腹に、たったこれだけ? と拍子抜けするほど簡単なアイソメトリックス。

自分の手足を自分で押し合い、引き合うのがポイント。

大きな動作を見られることも、大きな音が出ることもなくどれも、オフィスや通勤電車で人知れずこっそりできちゃいます。

夏でも涼しい顔して、いつのまにか引き締まった体になっちゃったら、うれしいですよね。さあ、今日からあなたも、レッツ・アイソメトリックス!

それでもさらに上を目指したくなったら・・・人生最後のダイエット…してみませんか?

5kg痩せたら、今年の夏は人生変わるかも♪

スポンサードリンク