スポンサードリンク

身近なお店、リンガーハット・すき家でも糖質オフ。

ダイエット教授 ユキダイエット教授 ユキ

糖類ゼロ飲料が珍しくなくなってきた昨今、糖質を控えた食生活のほうが健康によい、という考え方は、一般の人々にも浸透しつつあります。そして、あなたの近くにもきっとある、あのチェーン店にも糖質オフの波が!
今回ご紹介するのは・・・ リンガーハット、そして、すき家です。

いつものカジュアルなお店でも気軽に糖質オフできるって、助かりますよね。

リンガーハット

野菜たっぷり食べるスープ
640円(税抜き)。写真はリンガーハット様サイトよりお借りしました。
640円(税抜き)。写真はリンガーハット様サイトよりお借りしました。

ちゃんぽん屋なのに、麺がない! という衝撃の糖質オフメニュー。

牛丼屋なのに肉がない!と話題を呼んだ、吉野家のベジ丼に近いものがあります。

国産野菜のみを贅沢に使った「野菜たっぷりちゃんぽん」の麺抜きバージョンで、野菜がど~んと480gも入っています。麺は入っていないのに、男性でも結構満腹になるとか!

リンガーハットでは、もともとちゃんぽんを麺抜きで注文する人が結構いて、そんな需要からこのメニューが生まれたのだそうです。

では、栄養成分を見てみましょう。

  • カロリー:433kcal
  • 炭水化物:33.8g

おおっ。麺なしの割には、炭水化物、結構ありますね・・・。

この炭水化物33.8gという数字は、スープに含まれる糖類やデンプン質からくるのでしょうか。ここから食物繊維量を引くと正確な糖質量が出るのですが、残念ながら公式サイトには公表されていませんでした。

スープはおいしいけれど、飲み干さないほうがよさそうです。

このメニューが麺ありの場合、どんな栄養成分になるのでしょうか。

野菜たっぷりちゃんぽん(麺あり)の栄養成分

  • カロリー:732kcal
  • 炭水化物:99g

がが~ん。炭水化物が100g近くあります。ご飯でいうと2杯弱・・・!これと比べれば、麺なしメニューのありがたみが分かりますね。

※8月1日から西日本エリアでは、具材が少し変わります。枝豆がなくなり、代わりに国産のきくらげが入ります。これに伴い、価格も改定されます。野菜たっぷり食べるスープ 640円→660円

※7月26日は「野菜の日」として特別メニューが販売されます。野菜たっぷり食べるスープ+餃子が3つ+カゴメ野菜生活1本  830円(+税)→本イベントは終了しました。

 

すき家

牛丼ライト
並盛り380円(税抜き。)写真はすき屋様サイトよりお借りしました。
並盛り380円(税抜き。)写真はすき屋様サイトよりお借りしました。

牛丼チェーン店、すき家に大胆な糖質オフメニューがあること、知っていますか?

その名も「牛丼ライト」。このメニューのユニークなところは、ご飯ではなく豆腐の上に肉が乗っていること。

これを「丼」と呼んでしまっているところが、大胆ですよね(よね?)。

まるで豆腐置き換えダイエットのメニューのようです。豆腐と牛丼の間には、千切りの生野菜も敷かれていて、おかずサラダのような感覚です。

さっそく栄養成分をみてみましょう。

牛丼ライトの栄養成分
  • カロリー:268kcal
  • タンパク質:18.3g
  • 脂質:14.6g
  • 炭水化物:16.1g
牛丼並盛りの栄養成分
  • カロリー:656kcal
  • タンパク質:20.9g
  • 脂質:15.6g
  • 炭水化物:108.4g

どこがライトかというと、まずカロリーがドカンと低いです。通常の牛丼並盛りの半分以下です。そして、炭水化物もかなりライトで、通常の6分の1以下。これは確かにライト!

問題は、これで満足できるのか、という点。

心配な人は、サイドメニューの豚汁・たまごセットを頼みましょう。総カロリーは510kcalに抑えられますし、具沢山の汁物や卵は満足感が得られやすいです。

まとめ。

ダイエット教授 ユキダイエット教授 ユキ

身近なお店の糖質オフメニュー、いかがでしたか?

糖質オフメニューといっても、その中身は店によってさまざま。栄養データをきちんと知った上で、自分に合った食べ方を見つけてくださいね。

スポンサードリンク