スポンサードリンク

あのライザップが監修する低糖質カフェ「ロカボカフェ」誕生

去る2015年5月9日、「結果をコミットする」のCMで話題のライザップが、「LOCABO CAFE (ロカボカフェ)」を東京・原宿にオープン。

thumb_locabocafe_jimdo_com

名前の由来は、 low‐carbohydrate(低糖質・低炭水化物)からきています。つまり、 糖質を制限したい人向けのカフェ、というわけ。仕事の合間のランチでいかに糖質を抑えるか、日々頭を悩ませている我々低糖ダイエッターには見逃せません!

9種類で糖質15g以下!RIZAPプレート

「LOCABO CAFE(ロカボカフェ)」の目玉メニューは、なんといっても「RIZAPプレート」(1620円)。

cafe--1
公式サイトよりお借りしました。RIZAPプレートのイメージ画像。

おしゃれな四角いプレートに9種類もの料理が盛り付けられています。ダイエット中の人向けに、糖質を15g以下に抑えたRIZAPメニューで、内容は週ごとに変わるそうです。

オープン時のメニューを例に挙げると、

  • イカの和え物
  • 唐揚げ
  • 卵焼き
  • えびとブロッコリーのサラダ
  • ツナサラダ
  • 低糖質パスタ
  • シフォンケーキ

というバラエティー豊かな取り合わせで、

カロリーは581kcal、糖質はたったの13.5g!

いろいろなものを少しずつ食べられて、デザートまであるのに、まったく罪悪感なし。来店者の7~8割はこのメニューを頼むそうです。

パスタも糖質70%OFF

低糖ダイエッターには夢のまた夢だった、パスタ。

このカフェでは思いっきり食べられます。秘密は、このカフェのために開発されたオリジナルの低糖質パスタ。

小麦粉は全体の15%位しか使っておらず、食物繊維など(この辺の詳細は企業秘密のようで情報なし)を加えて作ることで、通常のパスタに比べて、なんと糖質が70%も低いのだそうです。もちもちとした食感の平打ち麺で、普通のおいしい生パスタと変わらない、と好評だとか。

カルボナーラは糖質26.8g、ボロネーゼは糖質量30.4g、きのこの和風パスタは糖質量27.3g。

ご飯だったら、お茶碗半分以下です。うれしくてお代わりしちゃいそうですが、それをやったらダイエットにはなりませんのでご注意を。

価格帯は864円~1296円というのも、お財布にやさしくて助かります。

もちろんスイーツも低糖質

食後に甘いものが食べたい人も、大丈夫。

季節の果物を使ったスイーツ3種類盛り合わせが、ドリンク付で1080円。パティシエと栄養士が試行錯誤して完成した自信作だそうです。3つ合わせて糖質はたったの5.5g、というからありがたいかぎり。砂糖をまったく使っていないそうですが、甘味料にはカロリー0のものもあるから、そういったものを使っているのかな。

低糖ダイエットが広く知られるようになったおかげか、低糖質のパンやスイーツは通販で簡単に買えるようになりました。しか~し!カフェやレストランはまだまだ少ないのが現状。

「LOCABO CAFE (ロカボカフェ)」が火付け役になって、気軽にローカーボメニューがカフェで食べられるようになるとうれしいですね。

参照:公式サイトはコチラ。6/12時点では仮サイトとなっています。http://www.locabocafe.com

スポンサードリンク